PC

GamePCのOSクリーンインストール

先日から、やたらとフリーズしまくるようになったGamePCのOSクリーンインストールを実施。

すでにWindows 10 April 2018 UpdateのUSBメモリは作ってあるので、ぶっさして、USBメモリから起動するだけの簡単なお仕事なんで、鼻歌交じりに作業して終了。とはいえ、いろいろ気になったことがあったのでメモしておく。

  1. MPC-BE
    なんか調子悪かったのでx86バージョンをインストール。調子戻ったよ。
  2. 電源プラン
    Ryzenの電源プランだが、普通にチップセットドライバインストールだけではインストールされない。C:\AMD\AMD-Chipset-Drivers\Packages\Apps\RyzenPPM\RyzenPPM.msiを手動で実行するとインストールされた。
  3. CORSAIR LINKのドライバ
    デバイスマネージャにエラーになったUSBデバイスがあって、調べるとCORSAIR LINKのデバイスだった。一旦無効にしてドライバをアンインストールして電源OFF(再起動ではうまくいかない)。再度電源ONでドライバが正常にインストールされた。
  4. ASRockのツール類
    やっぱり、インストールしないほうが調子いい。

つーことで、きれいさっぱりな感じですが、いろいろ見逃してるかもなぁ。気が付かないということは問題ないんだろうということで。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください