PC

AMDのGPU部門を率いていたRaja Koduri氏が退職

Radeon Technologies Group(以下,RTG)のRaja Koduri(ラジャ・コドゥリ)氏がAMDを退職した。
これは4Gamerの問い合わせに対する日本AMDの回答で判明したものだ。Koduri氏は9月の時点で,「12月まで休職」としてRTGを離れていたが,そのまま退職となったわけである。

Koduri氏は,旧ATI Technologies→AMD→Appleで一貫してグラフィックス技術畑を歩き,2013年にAMDへ復帰した人物だ(関連記事)。2015年にGPU部門がRTGとして再編されると,そのリーダーとして,GPU製品やセミカスタムGPUビジネスを率いていたが,Radeon RX VegaセミカスタムGPUビジネスにおけるIntelとの協業などを置き土産に,再びAMDを離れることになる。

おお、まじか。

情報源: 4Gamer.net

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください