PC

RockDiskNext復活とLAN遅いの話

NASのHDDの空きが心許ない感じだったので、なににそんなに食われているのか調べてみたところ、音楽データが以外にも多くなってた。HiResデータが増えているのが原因なんだけど、家ではあまり聞かないので、常時NASに入れておくのはちょっと勿体ない感じ。

で、外出ししようとも考えたけど、必要な時に見えないとそれはそれで面倒(朝の忙しいときにDAPの楽曲データ入れ替えをよくやるので)。

で、しばらく使ってなかったRockDiskNextを押し入れから引っ張り出して、NAS構築してみた。しかし、強烈に遅いなぁ。Sambaは3.4.2-47と中途半端なバージョンで、SMB2も対応してないみたい(max protocol = NT1)。Windowsから見てみると、1.5となるのでNT1だなぁ。

PS C:\WINDOWS\system32> Get-SmbConnection

ServerName ShareName UserName Credential                        Dialect NumOpens
---------- --------- -------- ----------                        ------- --------
ROCKDISK   public    XXXXXXXX MicrosoftAccount\xxxxxxxxxxxxxxxx 1.5     1

CrystalDiskMarkでみるとreadで45MB/s、Writeで30MB/sくらい。まあこんなもんだろうと思いつつも、Telnetで接続してsambaのチューニングでもしようかと。ネットで調べてみて、いろいろやってみたけど、どれも効果なし(かえって遅くなる)。で、たまたま見たBlogでLANケーブルがCat.5だったのをCat.6にすると速くなった的な記事があったので、試しにHTPCのLANケーブル(Cat.6)に変えてみたところ、Readが60MB/sに上昇。Writeは変化なかったけど。まじか!?

使ってるLANケーブルの見直しを実施したところ、RaspberryPi2にCat.6ケーブルが使用されていたので、こっちをRockDiskNextにつないで、RaspberryPi2はCat.5eケーブルに変更。RockDiskNextに付属のケーブルはお蔵入りにした。全く気にしてなかったけどLANケーブルのカテゴリって性能に影響するんだなぁと感心したという話。

そのうちLANケーブルを全とっかえしようかな。

Similar Posts

2 thoughts on “RockDiskNext復活とLAN遅いの話
  1. うん。うちもやってみた。CAT6Aでコネクタが大きすぎず、ケーブルがごわごわしないものにした。
    結局のところ、実物触って最近のフラットケーブルのLaneedにしたけど。

    1. なぜかスパム扱いされてたので、本日承認したぜ。しかし、3年前の記事にコメントするとかびっくりした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください