日記

DSD 11.2MHz音源 配信開始! | | moraトピックス

 moraでは本日2017年4月12日(水)より、DSD録音の現在最高スペックであるDSD 11.2MHz音源の配信を開始します。  第一弾として、ハイエンドオーディオ誌を出版する株式会社ステレオサウンドが制作した、TOMA & MAMI with SATOSHI 『Stereo Sound Hi-Res Reference DSD 11.2MHz/1bit』をmora独占先行配信。本作はCDフォーマットから最新のハイレゾフォーマットまでの音の再現性を確かめていただくため、PCMとDSDのデジタル録音機器を並列で稼働し同時録音するという究極のレコーディングを敢行。録音/サウンドプロデュースは、株式会社ミキサーズラボのサウンドプロデューサー&レコーディングエンジニアであり、日本音楽スタジオ協会の会長も務める高田英男氏。本作には、フォーマットやスペックの違いによる音の特徴がストレートに反映されています。(※)  第一弾としては、更に宮本笑里『birth』、The DUO (鬼怒無月+鈴木大介)『Nullset』を2タイトルを加えた合計3タイトルを配信開始します。  第二弾として、4月19日(水)には、Santanaの初来日公演を収録したライブアルバム「ロータスの伝説」(1974年発表)に未公開音源を7曲追加収録した「完全版」が、 Santana『ロータスの伝説 (完全版)』として世界初発売。加えて、SOIL &“PIMP”SESSIONSのブルーノート公演を収録したライブ版『A NIGHT IN SOUTH BLUE MOUNTAIN』を配信。  更に4月26日(水)宮本笑里の最新作『amour』など、今後タイトル数を増やしていく予定です。 ※今回DSD11.2MHz以外にDSD5.6MHz、192kHz/24bit版も配信となりますが、DSD11.2MHzからのダウンサンプリングではなく、すべて別々の録音機器による同時録音のオリジナル音源です。     4月12日(水)配信楽曲 TOMA & MAMI with SATOSHI『Stereo Sound Hi-Res Reference』 DSD11.2MHz    : http://mora.jp/package/43000146/SSRR01256_D/ 販売価格(税込)

ほほぅ。でも、サンプリングレートが上がるとファイルサイズもでかくなるので、ポータブルで聞くときに曲数少なくなる弊害。ダウンサンプリングして持ち歩くとかいろいろ面倒。

情報源: DSD 11.2MHz音源 配信開始! | | moraトピックス

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください