IYH PC

「Zen」アーキテクチャの新型CPU「Summit Ridge」

2016年6月1日,AMDは,COMPUTEX TAIPEI 2016に合わせて開催した報道関係者向けイベントで,新世代マイクロアーキテクチャである「Zen」採用のCPU「Summit Ridge」(サミットリッジ,開発コードネーム)のCPUパッケージを公開した。
16nm FinFETプロセスで製造されるSummit Ridgeは,8基のCPUコアを集積して,16スレッドの同時実行が可能。IPC(Instructions Per Clock,クロックあたりの命令実行数)は,既存のCPUと比べて40%向上しているとのこと。新しいデスクトップPC向けプラットフォームである「AM4」に対応する。

「数か月以内にSummit RidgeとAM4プラットフォームを出荷する」とSu氏は説明した。
このSummit RidgeによってAMDは,「エンスージアスト向けのハイパフォーマンスCPU市場に復帰する」と,Su氏は高らかに宣言した。

そうねぇ。個人的には待ってた感が半端ないです。今はAPU+FuryXというCPU側がどうしてもパワー不足って構成だったけど、ZENで8コア16スレッドでパワーあまりまくりってのが理想だなぁ。でも、1コアあたりのパワー不足で古いゲームがつらそうな気もする。が、とりあえず目出度い。

ちなみにAM4プラットフォームになるし、メモリもDDR4だろうしで、GamePCはビデオ以外は総入れ替えになりそうです。ん?たぶんPCI無いだろうし、PT2どうしよう。

情報源: 4Gamer.net

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください