Raspberry Pi

DACが到着

RPI用のDACが到着。ebayでの購入だったけど、ちゃんと届いた。

動作のほうも特に問題なし。というか、自作ケースがDACの配線を考慮していないので配線できず。隙間的に、3.5mmステレオミニジャック側なら延長ケーブルをかませばなんとかといった状況で、3.5mm->RCA->中華アンプで接続。音出ししてみると音がバリバリに割れてましたw

出力をDisableにしてソースを100%で出力してたのが悪いのだろう。10%に下げると音割れもなくなり問題ない感じに。これでも中華アンプの出力は15%くらいなので、余裕ある感じでしょうか。PCM5122なので、32bit/384KHzでリサンプリングしてみたけど、CPU使用率は20%くらい。でも、なんとなくプチノイズが入ってる気がするので、もっと下げて使ったほうはよさそうです。

つーことで、もう少し使ってみないとわからんかな。RCAケーブルで接続したいので、ケース改造するとなると週末になると思う。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください