PC

FreeNAS:Version 9.2.1.5にバージョンアップ

今まで8.3.1を使ってたんだけど、ケースの入れ替え作業のついでに最新バージョンまでバージョンアップしました。といっても、バージョンアップファイルでのバージョンアップではなく、最新バージョンのUSBメモリに差し替えた感じ。

手順的には、

  1. SSHでログインして、zpool export pool名で現在のpoolをexportしておく。
  2. WebUIからsystem-SettingsにあるSave Configで設定をダウンロードしておく
  3. シャットダウンして、USBメモリを差し替える
  4. 起動して、IP変更。WebUIでStorage-Volumes-Auto Import Volumeを選択
  5. WebUIからsystem-SettingsにあるUpload configでSaveしてあった設定をアップロード

再起動すると、元通りに戻りました。

 

あと、起動時にワーニングが出ましたが、あんまり問題なさそうなので保留。たぶん、キャッシュに使ってるSSDの問題だと思われる。先頭についているチェックボックスを外すとAlartが消えます。

WARNING: The volume storage (ZFS) status is ONLINE: One or more devices are configured to use a non-native block size. Expect reduced performance.Replace affected devices with devices that support the configured block size, or migrate data to a properly configured pool.

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください