Raspberry Pi

RaspberryPi:GW-450Dを使う

手順いまいちあってないので、訂正中。まだ、参考にしないように

修正しました。再検証していないので、ちょっと不安。今週末やるか。

無線LANルーターと同時購入したGW-450Dですが、RaspberryPiで使用したかったけどうまくいかなくて、本腰をいれて調査。結論として、カーネルをコンパイルして、ドライバをコンパイルしてやっと使えるようになりました。

  1. 環境構築。
    # apt-get update
    # apt-get -y dist-upgrade
    # apt-get -y install gcc make bc screen ncurses-dev
  2. ソースの入手
    # cd /usr/src
    # git init
    # git clone --depth 1 git://github.com/raspberrypi/linux.git
    # git clone --depth 1 git://github.com/raspberrypi/firmware.git
    # cd linux
    # gzip -dc /proc/config.gz > .config
    # cp -p /usr/src/firmware/extra/Module.symvers .
  3. カーネルのコンパイル
    # make oldconfig
    # make clean
    # make
  4. カーネル起動準備
    # make modules_install
    # mkdir boot
    # make INSTALL_PATH=/usr/src/linux/boot install
    # cp /usr/src/linux/boot/vmlinuz-3.10.33+ /boot
    # vi /boot/config.txt
    kernel=vmlinuz-3.10.33+  <- 追加
  5. 再起動
  6. モジュールのコンパイル準備
    # ln -s /usr/src/linux/ /lib/modules/3.10.33+/build
    # cd /lib/modules/3.10.33+/build
  7. vermagicの確認
    # cat include/generated/utsrelease.h
    ※uname -rの出力とあっていることを確認
  8. ドライバの入手
    場所は、http://www.planex.co.jp/support/download/gw-450d/driver_linux.shtml
    適当な場所にダウンロード
  9. ドライバの展開
    # cd /usr/src
    # unzip gw-450d_driver_linux_v3002.zip
    # cd gw-450d_driver_linux_v3002
    # tar jxvf mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916.tar.bz2
    # cd mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916
  10. ベンダーIDを設定
    # cd common
    # vi rtusb_dev_id.c
    /* module table */
    USB_DEVICE_ID rtusb_dev_id[] = {
    #ifdef MT76x0
    {USB_DEVICE(0x2019,0xab31)}, /* GW-450D */
    {USB_DEVICE(0x148F,0x7610)}, /* MT7610U */
    {USB_DEVICE(0x0E8D,0x7610)}, /* MT7610U */
    {USB_DEVICE_AND_INTERFACE_INFO(0x0E8D, 0x7630, 0xff, 0x2, 0xff)}, /* MT7630U */
    {USB_DEVICE_AND_INTERFACE_INFO(0x0E8D, 0x7650, 0xff, 0x2, 0xff)}, /* MT7650U */
    #endif
    { }/* Terminating entry */
    };
  11. ネットワークマネージャを使用する場合
    # cd ../os/linux
    # vi config.mk
    HAS_WPA_SUPPLICANT=y <- nをyに変更
    HAS_NATIVE_WPA_SUPPLICANT_SUPPORT=y <- nをyに変更
  12. コンパイル
    # cd ../..
    # make
  13. ドライバ確認
    # cd os/linux/
    # modinfo mt7650u_sta.ko
    ※特にvermagicがuname -rの結果とあっていること
    filename: /usr/src/gw-450d_driver_linux_v3002/mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916/os/linux/mt7650u_sta.ko
    version: 3.0.0.2
    description: RT2870 Wireless Lan Linux Driver
    author: Paul Lin <paul_lin@ralinktech.com>
    license: GPL
    srcversion: 2F72C14F7708AE4F0A65981
    alias: usb:v0E8Dp7650d*dc*dsc*dp*icFFisc02ipFFin*
    alias: usb:v0E8Dp7630d*dc*dsc*dp*icFFisc02ipFFin*
    alias: usb:v0E8Dp7610d*dc*dsc*dp*ic*isc*ip*in*
    alias: usb:v148Fp7610d*dc*dsc*dp*ic*isc*ip*in*
    alias: usb:v2019pAB31d*dc*dsc*dp*ic*isc*ip*in*
    depends:
    vermagic: 3.10.33+ preempt mod_unload modversions ARMv6
    parm: mac:rt28xx: wireless mac addr (charp)
  14. ドライバ配置
    # cp -p mt7650u_sta.ko /lib/modules/3.10.33+/kernel/drivers/net/wireless
    # depmod -a
  15. 設定ファイル配置
    # cd ../..
    # mkdir -p /etc/Wireless/RT2870STA
    # cp RT2870STA.dat /etc/Wireless/RT2870STA/RT2870STA.dat
  16. interfaceを記述
    # vi /etc/network/interfaces
    ※以下の記述を追加
    allow-hotplug ra0
    auto ra0
    iface ra0 inet dhcp
    wpa-ssid “your-ssid”  <- 接続するSSID
    wpa-psk “your-passwd” <- パスワード
  17. 再起動
    # reboot

カーネルのコンパイルに一晩かかりました。気長にやりましょう。

 

 

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください