PC

作業PC一本化断念

今週末の作業として、作業用PCの一本化を行っていた。

現在、用途別で

  1. 作業用PC
    ゲーム以外のことを行うPC。使用頻度は一番高い。TVチューナーも入っているので、基本電源ONなPC
  2. NAS
    FreeNASで作成されたNAS。他にROCKDISKもあり、主にTV録画データの2次プール(視聴済みのデータ)の保存に使用
  3. TV視聴用PC
    TVにHDMIで接続されたPC。録画番組やBDの視聴用
  4. 音楽用PC
    音楽再生用途のPC。USB-DACと音楽データの保存用プール

があったわけで、これをWindows8のPCに一本化する計画だった。

しかし、期待していた記憶域プール(パリティ)の性能が予想以上に遅くて、へたするとUSB2.0接続のHDDといい勝負。ちなみに、作成した記憶域プールは2TB×6でパリティ分を抜くと9TB。パリティ分は多く書き込むので多少は性能が落ちると踏んでいたが、コピーで25MB/s以下となると話が変わってくる。規格的にはSATA 3Gb/sのもので、100MB/s程度は出るはず。NASからのコピーに3日かかった(とはいえ、会社に行っている間におこなっていたので、帰る前にコピーは終わっていたから、丸3日ということではない)。これが4倍かかるとなると、なんか終わってる感が…

結局、NASは復活する方向で再検討。4台を2台に集約することにしようと思う。で、ケースと中身選びから始めるか…あと、Windows8のライセンス認証取り直しもしないと。電話すんのめんどくせぇ。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください