Raspberry Pi

Raspberry Pi:日本語環境構築

1.日本語環境の構築
1.1.フォントとIBus Anthyをインストール

# aptitude update
# aptitude install ttf-kochi-gothic ttf-kochi-mincho xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname ibus-anthy
#
$ startx

1.2.IBus Anthyの設定
メニューから[Preferences]-[IBusPreferences]
Input Methodタブに切り替えて、Select an input methodでJapanese – Anthyを選択して[Add]ボタンを押下。
デフォルトで、Ctrl+Spaceで日本語入力モードに切り替わります(戻す場合もCtrl+Space)。

1.3.ロケールの変更
Xを終了後にsuに切り替えてロケールを変更。

# raspi-config

change-localeを選択
「ja_JP.UTF-8 UTF-8」のチェックを追加して、デフォルトを「a_JP.UTF-8 UTF-8」に変更。

1.4.コンソールでも日本語表示できるようにjfbtermとuimを追加インストール

# aptitude install jfbterm uim uim-anthy

1.5.入力切替のキーをXのCtrl+Spaceに変更

# vi /usr/share/uim/generic-key-custom.scm

変更前

(define-custom ‘generic-on-key ‘(“zenkaku-hankaku” “<Shift>”)
(define-custom ‘generic-off-key ‘(“zenkaku-hankaku” “<Shift>”)

変更後

(define-custom ‘generic-on-key ‘(“zenkaku-hankaku” “<Control>”)
(define-custom ‘generic-off-key ‘(“zenkaku-hankaku” “<Control>”)

1.6.コンソールをjfbtermに変更し、uim-fepを起動

$ jfbterm
$ uim-fep

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください