Raspberry Pi

Raspberry Pi:初期設定

1.Raspbian“wheezy”のインストール
公式サイトからRaspbianのイメージをダウンロード。
手持ちの4GBのSD-CardにWin32DiskImagerというバイナリを直接書き込むツールで書き込んだ。Win32DiskImagerの使い方はguide for beginnersに書いてあるけど、管理者権限で実行する必要があります。

2.起動
LANケーブルとHDMIケーブルとキーボードを接続。先ほど作ったSD-Cardもセットして、電源ケーブル(microB USBケーブル)を接続すると起動する。
最初にRaspi-configという画面で止まる。

2.1.expand_rootfs
SD-Cardがある程度大きい(2GB以上?)場合、すべて使用できるようにする。
再起動すると反映される。

2.2.configure_keyboard
キーボードのレイアウト設定。Generic 105-key (Intl) PC->Japanese – Japanese (OADG 109A)と選択。

2.3.change_timezone
Asia->Tokyoを選択

2.4.ssh
SSHを有効にする場合、Enableを選択

2.5.change_pass
piユーザのパスワード変更。適宜実施する。

2.6.update
raspi-configのアップデートがあれば行う。

3.ローカル設定
3.1.ntp
自宅サーバがNTPサーバを持っているので、そこに同期するように変更。
(/etc/ntp.confを書き換え)

3.2.IPアドレス変更
DHCPになっているのでstaticに変更。
(/etc/network/interfacesを書き換え)

この行をコメントアウト(先頭に#を記述)
#iface eth0 inet dhcp

以下の行を追加(IPは適宜変更)
iface eth0 inet static
address 192.168.1.***
network 192.168.1.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.***
auto eth0

Similar Posts

One thought on “Raspberry Pi:初期設定

やまぴい へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください