IYH PC

F1 2012

I Feel Groovyさんで購入したF1 2012のパッケージが届いた。

当然、Steamはおま国なので、インストールすらできない。とりあえず「Steam VPN」で検索して、FlyVPNを使うことにした。ちなみに、Steamの垢BANされる可能性があるので、以降は自己責任でよろしく。

  1. FlyVPNのクライアントダウンロード
    ここからダウンロード 。「Lite (No advanced features)」で十分
  2. Steamのクライアントを終了する
  3. FlyVPNのクライアントを起動
    Free VPN Account:vpnu Password: xxxx(画面に書かれているものを入力)でconnectする
  4. F1 2012のDVDからインストール開始
    ディスクからインストールが終了後、Steam上でアップデートが始まるので、一時停止(VPNを通していると遅いので)
    Steamを終了する。
  5. FlyVPNからdisconnect
  6. Steamを起動。アップデートを再開する

以降は、VPNなしで起動可能。インストールディスクも不要なので、大分よくなったと思う。

あと、垢BAN怖かったので、Steamから起動ではなく直接起動の方法も書いておく。

  1.  C:Program Files (x86)Steamsteamappscommonf1 2012にsteam_appid.txtというファイルを作成
    中に「208500」と書いて保存。ファイルのプロパティから読み取り専用に変更する。
  2. C:Program Files (x86)Steamsteamappscommonf1 2012f1_2012.exeを直接起動する

Steamのインストールドライブにあわせて、PATHは脳内変換してくれ。

オートセーブは未だに調子が悪いみたいで、ヤングドライバーテストの最後で落ちました。速攻でオートセーブを無効に変更。いい加減直してくれ。

あとゲーム内に Racenetというオンラインサーバがあって、イベントが行われている。一応、登録してみた。登録はここから行えて、Steamのアカウントと紐付けできる。今やってみたら、韓国GPのDRYをメルセデスで走るイベントをやってた。オンラインの最速が1:36くらいで、俺は1:48とか笑っちゃう内容でした。リアルはウェーバーが1:37で、107%は1:45。軽く予選落ちですw

Similar Posts

2 thoughts on “F1 2012
  1. ブログ主さま、初めまして。

    うっかりヤフオクで輸入版「F1 2012」を購入し、インストール出来ずあたふたしながら色々ググって、こちらのHPに辿り着いたものです。

    「串サーバーみたいなアプリ?」と考えつつ、FlyVPNライトを入れて起動したものの、2013年9月4日現在ではゲスト用パスワードの公開表示はされない様になってしまったみたいですね。非常に残念です。

  2. すでにF1 2012は日本でも購入可能になっているので、VPNは通さなくても登録可能なはずなんですけど…
    インストールできないという状況がよく見えないのですが、中古で購入されたのならすでに前オーナーがSteamに登録されていると、2重登録できないのでインストールできないかと。

sion へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください