日記

Shure SE535感想

100時間のエージング終了。とりあえず、手元のDAPでならしてみる。音量は問題なくとれる。まぁ36Ωなんで当たり前です。

肝心の音ですが、「まじですかぁ。すごいです。」

なるほど、納得の音です。低音が足りない気がしたが、イコライザをいじってみるとそんなことはなく、低音盛りにしてみるとガンガン鳴ります。すげーなこれ。3万の価値あると思います。これなら外で聞くことである程度の妥協とか考えなくてよさそう。

こーなると、DAPが欲しくなるかも。今のDAP(ZEN Touch 2)だと、FLAC再生で音切れすることがある。単純にCPUパワー不足と思われる(WAVで再生したら問題なかった)ので、ちょっと考えるかなぁ。

問題点は、Shure掛けがまだ慣れなくてセットに時間がかかることかな。使っていくと慣れていくでしょう。

参照Webサイト:Shure シュア | ビデオ:イヤホンの正しい装着方法.

 

2012/08/15 追記 {

朝から聞いているんだけど、遮音性が半端ない。トイレで水を流す音が聞こえない。ノイズリダクション不要。これは、今まで以上に通勤時の交通事故に注意しないと。

}

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください