IYH PC

新リビングPC

先日のOpteron IYH関連で、FreeNASサーバに使用していたITXマザーが余ったので、手持ちのITXケースに入れたら爆熱で暴走。しかたなくAbeeのA20を買ったんだけど、これがまた超窒息ケースで熱暴走はしないまでも、オンボードVGAが熱でノイズ出まくり…というわけで、Intel Celeron G530とASRock H61M-ITXをIYH。合計で1万でした。

なぜか1台増えてる?

まあ、気を取り直して。OSはWin7 Homeの32bitをチョイス。しかし、メモリ8GB積んでたので64bitにすればよかったかも。仕方なく、ASRockのX-FastRAMを導入して、テンポラリディレクトリをRAMDISKへ移動した(ほぼ意味なし)。あと、IntelのRapid Start Technologyを導入してみたが、スリープ→休止すると電源ONしても起動しない。面倒なんで運用停止。このあたりの仕掛けはまともに動いた試しがないね。あとは、PowerDVDを旧リビングPCから移して、SB Recon3Dのドライバを入れて…最後にBluetooth 4.0のドングルをつけたけど、このドングルCPU負荷が高い気がする。同じUSBハブに別のUSB機器をつなぐともろ不安定だし。なんかよくわからんが、リビングPCはキーボードやマウスをあまり使わないので放置する。

動画再生は思いの外問題なし。PowerDVDだと動画再生支援も動いているようでCPU負荷はそんなに高くないし、CPU発熱も40度前後なので使いやすい感じです。

■構成

  1. CPU
    Intel Celeron Processor G530
  2. マザー
    ASRock H61M-ITX
  3. メモリ
    CorsairのDDR3-1333 4GB×2
  4. ケース
    Abee acubic A20(シルバー)
  5. CPUクーラー
    Scythe KOZUTI「小槌」

■カスタマイズ

ケースが超窒息ケースなので、フロントパネルの一番したを外してます。で、フロントからの吸気方向で設置されている120mmのファンを排気方向に替えています。これで、マザーのバックパネル上部にある穴から吸気。下側の電源と120mmファンで排気です。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください