IYH PC

株式会社ぺガシス:TMPGEnc Authoring Works 5

1/12から正式版が発売された。で、2chにスカパーHDのスマートレンダリングがチャンネルによってはできるとあった。なので、体験版の最新版(製品版と同じバージョン)をダウンロードしてチェック。AT-Xはスマートレンダリングできます。これは買いです。

参照Webサイト:株式会社ぺガシス:TMPGEnc Authoring Works 5


で、オレの使い方。

  1. スカパーHDの動画をBDレコでBD-REに書き出し
  2. anyDVD HD+TMPGEnc Authoring Works 5がインストールされたPCに書き出したBD-REをセット
  3. TMPGEnc Authoring Works 5で出力フォーマット選択を「BDMV」で新規プロジェクト作成
  4. クリップ追加方法選択の画面で、「DVD、BD、AVCHD、HDDカメラ、メモリカードリーダーなどから追加する」を選択
  5. 検索場所指定画面で、BD-REをセットしたドライブを指定
  6. 解析後、タイトル一覧からCMカットしたい動画を選択
  7. オプション設定画面で「チャプター情報をチャプターリストへ読み込む」と「選択したタイトルをHDDにコピーする」を選択して、コピー先フォルダに高速なドライブを指定してOK(HDDに動画がコピーされます。拡張子をm2tsに変更すると再生可能)
  8. クリップの追加画面で、CMカットを実行
  9. 適当にメニューを設定
  10. 書き出しの設定で書き出し先フォルダを設定して、書き込み対象メディアを「Blu-rayメディア」、容量調整のターゲットを「容量調整は行わない」に設定して書き出し開始
  11. スマートレンダリングでCMカットした動画を書き出し先フォルダに書く。
    BDMVBDMVSTREAMに00000.m2ts~連番で編集済みファイルが作成される。
    メニューは01000.m2tsで作成されるのでこっちは不要。
  12. 必要に応じてBDに焼くなりなんなり。オレは編集済み動画のみ取得で終了です。

当然、スマートレンダリングされるので、1ファイルの出力時間は30分番組で1~2分。どちらかというと、BDレコでBD-REを書くのと、BD-REから作業用ファイルをPCの作業用HDDにコピーするのに時間がかかります。容量としては、1.2GBのファイルがCMカットして0.8GBになった。ただ、編集が面倒なので、全ファイルCMカットはちょっと考えるなぁ。もう少し使い方を模索するか。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください