Raspberry Pi

RaspberryPi:VolumioでElecrow HDMI Interface 5 Inch 800×480 TFT Displayを使う

前はElecrowのドライバをインストールしたりしてた気がしたんだけど、久々にやってみたらKernelPanicになったので調査。手順化した。

  1. Touch Displayプラグインをインストール
    Volumioのプラグインにある「Touch Display」プラグインをインストールすることでXとか諸々をインストールする。
  2. /boot/config.txtを編集
    volumioにsshで接続して、nanoで/boot/config.txtを編集。
    以下を追加した。
    hdmi_group=2
    hdmi_mode=87
    hdmi_cvt=800 480 60 6 0 0 0
    dtoverlay=ads7846,cs=1,penirq=25,penirq_pull=2,speed=50000,keep_vref_on=0,swapxy=0,pmax=255,xohms=150,xmin=200,xmax=3900,ymin=200,ymax=3900
    display_rotate=0
    framebuffer_width=800
    framebuffer_height=480
  3. /etc/X11/xorg.conf.d/99-calibration.confを作成
    以下の内容でファイルを新規作成。
    Section “InputClass”
    Identifier “calibration”
    MatchProduct “ADS7846 Touchscreen”
    Option “Calibration” “208 3905 288 3910”
    Option “SwapAxes” “0”
    EndSection
  4. プラグインを有効化して、再起動

で、表示されました。タッチパネルは使う予定が無いけど一応動いていた。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください