Fanatec IYH PC

CSL Elite Steering Wheel McLaren GT3 V2:使用感

昨日は、Assetto Corsa Competizioneのチャンピオンシップ不具合で消沈したため、レビューすんの忘れてた。

まずはハンドルの付け替え。BMW GT2のハンドルはクイックリリースが付いているので、すぐに外れた。McLarenGT3V2を付けるときは、通常の接続構造なので、位置合わせしながら挿入。これ以上奥に行かない状態でロック方向に半回転くらい回すとロックされた。ドライバは4.00そのまま。Fanatec Wheel Property Pageを開くとファームウェアのアップデートしろと言われたのでアップデートを実施。速攻終わる。

で、FanaLabを見てみるとハンドルがちゃんと更新されて表示。細かい設定は置いておいて、SENをAutoに変更してAssetto Corsa Competizioneを開始しました。

第1印象。ハンドル軽い。なんというか物理的な軽さを感じます。慣性があまりないというか…。あと、FFBの表現がちょっと雑。なんか小さいモーターが回ってるなぁ的な「ぶ~~ん」という振動があったり。シフトはBMW GT2ハンドルとは比べ物にならないくらいスイッチな感じですが、慣れる。下のアナログパドルはクラッチとハンドブレーキに設定したので、後日ラリーゲームでハンドブレーキ使ってみるつもり。あと、ロータリースイッチ類は今のところ手を出していない。そもそもVR主体でゲームしているので、見えないロータリースイッチを操作するのはつらいです。VRではないゲーム(F1やラリーなんか)で使ってみたいですね。概ね印象はいいです。

あと、関係ないけどブレーキのレートを40%に下げた。これでめいっぱい踏むと100%になる。今までの50%では俺に力では80%が限界だったので。おっさんレーサーには厳しすぎた。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください