日記

F1委員会、2022年初めからのパワーユニット開発凍結に全会一致で合意

2月11日にF1コミッション会合が実施され、パワーユニット(PU/エンジン)開発の凍結に関して全会一致で合意がなされた。エンジン開発は2022年初めから凍結され、2025年には次世代パワーユニットが導入される予定だ。

https://www.as-web.jp/f1/668536?all

結論としてはレッドブルの思惑通りになった感じ?つーか、もうそういう時代ではないってことかな。個人的にはRaceRoomで「CUPRA LEON E-RACER」に乗った感じ「これでよくね?」って思ったからね。ギアが無いのが違和感だったけど、パワーもあるし重量バランスとかもいいんじゃないだろうか。エンジン無いけどバッテリーがあるからなぁ。燃料で重量バランスが変わらないとかもいいかも。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください