PC 日記

Microsoft、Web版OneDriveの共有ライブラリ機能を強化

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1298593.html

 Microsoftは、2020年12月に実装されたOneDriveの新機能や改善点について公開した。

 今回のアップデートでは、Web版OneDriveでの共有ライブラリ機能を改善。共有ライブラリが作成しやすくなったほか、ライブラリ内ファイル用のより高度な管理機能を追加し、ドキュメントの作成やピン留め、メタデータの編集、ショートカットの追加などがWeb上でも可能となった。

 加えて、OneDriveがファイルの同期をするさいに、管理者が特定のファイルを指定し、同期の対象から除外できるようになった。ユーザー側には通知領域で知らせるほか、エクスプローラ上では該当のファイルにマークを表示する。

ファイル同期がファイル単位で除外できるようになったのはありがたい。Assetto Corsa Competizioneのリプレイデータがでかいので毎回エラーになってたから。フォルダ指定で除外できると嬉しいけどどうなんだろう。後日試してみるか。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください