IYH PC

コックピット&PCモニター変更

コックピットを常設すべく断捨離してスペースを空けました。一応、設置完了。だけどスピーカーの置く場所がなくって、TVをやっぱり移動しないとダメなようです。しかし、体力無くってちょっと動かせなかった。多分20cmくらいなんだけどねぇ。

で、Newモニターですがちゃんと映りました(当然だ)。久々のVAなんだけどやっぱりちょっと斜めから見ると色が悪いです。あと黄ばんでる気がする…気のせいと思うことにしよう(書いてる途中でもう慣れてきた)。解像度はWQHD(2560×1440)で、165Hzまで行けるやつ。Windows10で普通に選べました。最近のモニターは設定ファイルをインストールする必要がないのかな。公式サイトにもファイル無かったので、そんなもんなんだろう。

さて、Cyberpunk 2077を再開しよう。(レースゲーはVRのベースを置かないとなので、もう少しセッティングが必要。疲れたから休憩がてらサイパンやる)


サイパンですが、65fpsくらいしか出ないですねぇ。横幅一緒で縦が伸びたからでしょうかねぇ。まぁ誤差なんでいいですけど。

あとVRベース設置しました。普通にレースゲームできることまで確認。モニターとベースを1つのスイッチ付きコンセントに接続したので、電源OFFすれば他に悪さをしないと思われる(電源来てないのでWindowsからも認識されない)。とはいえ、モニター2枚(DP)+HMD(DP)+TV(HDMI)でビデオカードのすべての端子を使ってるとか初めてですw

Similar Posts

2 thoughts on “コックピット&PCモニター変更
  1. ペダルが吊り下げ式なのね。お尻がずいぶん凹んでいて、フォーミュラのシートみたいですな。
    一番羨ましいのは、常設だということ。兎に角やる時いちいちセッティングしないといけないのが面倒。
    レースゲーム好きなら自分も将来的には何とかしたいが。。。

    1. そうなんです。常設したかったの。折り畳みのシートとはいえ、部屋の隅から引っ張り出してセッティングするのは結構気合がいるし、置きっぱなしだとレースゲームしかできないから。あと、モニターからの距離があったのでVRメインでプレイしてたんだけど、VR対応していないゲームもあるからなぁ。HMDでシアターモードってのもあるけど、VR対応してないのでマウス操作が必要になり操作性がいまいちだったから。これでNASCAR5やV-Rally4、WRC9がまともにプレイできるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください