日記

“シルバーから赤へ”「アルファ ロメオ 147」との感動的車生活 by 麻倉怜士

https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/pb2020/1296970.html

でも今度の赤の2000CC 147は大違い。もの凄くエモーショナルだ。街中の低速走行は、とても円滑で、すべらか。静かに走り、しっとりとしているのだが、回転数を3,000回転まであげると、急に躍動。トルクが乗り、パワーが漲る。この時、エンジンから車体のすみずみに、力が与えられ、全身で咆吼しながら加速。官能的な振動と音を放つ。

この3,000回転から急に盛りあがるという現象の理由のひとつは2000CCエンジンの特性。旧147の1600CCエンジンは最大トルク14.9kgmを4,200回転で発するが、2000CCは3,800回転で18.4kgmを発し、3,000回転ぐらいからトルクが太くなる。特に効くのが2速。ここからの盛りあがりとパワー感はまさに官能的だ。もうひとつ、新147のオレカマフラーのエキゾースト力も効いた。マフラーがエンジンに流入する空気量を増加させ、シリンダー内の爆発力を増加させた。

Alfa147はいい車。俺の最後のリアル愛車だけど、ほんとまじでいいの。安全装備満載で車重は結構あるんだけど、それでも軽快に動いてくれるし、エンジンパワーも必要十分。乗るとほんと楽しくなる車です。世の中、カーボンニュートラルに進んでいくんで、もうこんな車は売られないんだろうなぁとか思っちゃいますが、Alfaromeoなら電気自動車でもいい感じに仕上げてくれると期待。

そーいや、先日EUが、フィアットとPSAの経営統合を条件付きで承認しました。プジョー、シトロエン(Citroen)、フィアット(Fiat)、ジープ(Jeep)、アルファロメオ(Alfa Romeo)、マセラティ(Maserati)が1個になるとかわけわからんですがイタフラとかラテンとかって感じのブランドなんで、まぁいっかと。各ブランドは存続するらしいし。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください