PC

Windows10の次回アップデートは「October 2020 Update」

米Microsoftは9月18日(現地時間、以下同)、「Windows 10 バージョン 20H2」のリリース準備が整ったことを発表した。8日から“Windows Insider Program”の“Beta”チャネルでテストされていたBuild 19042.508(KB4571756)が、最終ビルドとして“Release Preview”チャネルでリリースされている。

「October 2020 Update」は「バージョン 1903」から「バージョン 1909」へのアップグレードのときと同様、フルビルドアップデートではなく“イネーブルメント パッケージ”と呼ばれるパッチで機能の切り替えが行われる。そのため、「May 2020 Update」(バージョン 2004)からアップグレードする際にかかる時間は比較的短くなる。一方で新機能はそれほど多くなく、主要な改善点は新しい[スタート]画面のデザインが導入されるほか、「Microsoft Edge」のマルチタスクの強化されるに留まる。

すでに2004なので更新時間短めですか。いいですね。新機能はあまりないようなのでそんなもんかな。(つか、2004のIMEを早く安定させてくれ)

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください