PlayStation

PS5が目指すゲームの姿と可能性。PS5発表イベントで見えてきたもの

PS5はなぜ「大きくなった」のか

もっとも大きな課題は、PS5は過去のハードウェアに比べると、ずいぶん大柄なものになりそうだ、ということだ。ディスクメディアとしてはUltra HD Blu-ray(UHD BD)が採用されることが発表されているので、ディスクドライブのスリットのサイズはメディアの大きさで決まっている。
そこから比率を目算すると、たしかにPS4はもちろん、かなり大柄だった発売当初のPS3よりも大きい。サイズをすでに公表している「Xbox Series X」よりも大きくなる、と考えられる。これはたしかに、消費者にとってはプラスの情報ではない。

「Digital Edition」や周辺機器から予想する「ゲーム以外」の機能

海外、特に欧米市場は、日本に先行して「ディスク販売」が弱くなっている。映像はストリーミング視聴が中心であり、ゲームもPCを中心にダウンロード販売の比率が高い。そもそもPS4時代から、ゲームの中身は「一度ハードディスクにインストールしてプレイする構造」。高速なSSDを活かすPS5では、もはや光ディスクは遅すぎる。

まぁそりゃそうだ的な内容。俺でもこのくらいは想像つくぞ。

参照Webサイト:https://www.watch.impress.co.jp/docs/series/nishida/1258889.html

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください