Fanatec PC

Assetto Corsa Competizione:鯖建て練習

Assetto Corsa Competizioneの鯖建ての練習中。”Assetto Corsa Competizione\server\cfg”にある*.jsonを直接煽る必要があって、よくわかんねぇ。

configuration.json

{
  "udpPort": 9231,
  "tcpPort": 9232,
  "maxConnections": 85,
  "lanDiscovery": 1,
  "registerToLobby": 1,
  "configVersion": 1
}

registerToLobbyは1(Public Multiplayer)。lanDiscoveryも1(ゲームPCとaccserver.exeを1台のPCで起動してる)

settings.json

{
  "serverName": "Yadorogi ACC Server",
  "adminPassword": "********",
  "password": "yado",
  "spectatorPassword": "",
  "centralEntryListPath": "",
  "trackMedalsRequirement": 0,
  "safetyRatingRequirement": -1,
  "racecraftRatingRequirement": -1,
  "maxCarSlots": 30,
  "isRaceLocked": 1,
  "shortFormationLap": 1,
  "dumpLeaderboards": 1,
  "dumpEntryList": 0,
  "randomizeTrackWhenEmpty": 0,
  "allowAutoDQ": 0,
  "formationLapType": 3,
  "configVersion": 1
}

一応password付にしている(adminPasswordは非公開)。trackMedalsRequirement、safetyRatingRequirement、racecraftRatingRequirementは無制限。isRaceLockedは1(途中参加不可)にしてる。allowAutoDQは0(違反は失格ではなく、Stop&Goペナルティ(30秒))。formationLapTypeは3(デフォルト。ポジション(左右のグリッド位置)と速度の規制)

event.json

{
  "track": "silverstone",
  "preRaceWaitingTimeSeconds": 60,
  "postRaceSeconds": 140,
  "sessionOverTimeSeconds": 160,
  "ambientTemp": 26,
  "cloudLevel": 0.3,
  "rain": 0.0,
  "weatherRandomness": 3,
  "simracerWeatherConditions": 0,
  "isFixedConditionQualification": 0,
  "sessions": [
    {
      "hourOfDay": 10,
      "dayOfWeekend": 1,
      "timeMultiplier": 1,
      "sessionType": "P",
      "sessionDurationMinutes": 10
    },
    {
      "hourOfDay": 17,
      "dayOfWeekend": 2,
      "timeMultiplier": 8,
      "sessionType": "Q",
      "sessionDurationMinutes": 10
    },
    {
      "hourOfDay": 16,
      "dayOfWeekend": 3,
      "timeMultiplier": 3,
      "sessionType": "R",
      "sessionDurationMinutes": 60
    }
  ],
  "configVersion": 1
}

今日走ったトラックはシルバーストーン。プラクティス(金曜)10分、予選(土曜)10分、本選(日曜)60分。プラクティス雨だったので、cloudLevel:0.3は雨率高すぎるかも。0.2に変更予定。ambientTemp(ベース温度)は26℃にしてみてる。weatherRandomness(天候の変化)は3のまま。preRaceWaitingTimeSeconds(レース開始の待機時間)は60秒、postRaceSeconds(レース終了後の待ち時間)は140秒、sessionOverTimeSeconds(セッション終了までの待ち時間)は160秒にしてみた。一応ウィニングランで1周走れるくらいの時間はある。

eventRules.json

{
  "qualifyStandingType": 1,
  "pitWindowLengthSec": 600,
  "driverStintTimeSec": 1500,
  "mandatoryPitstopCount": 2,
  "maxTotalDrivingTime": 1500,
  "maxDriversCount": 3,
  "tyreSetCount": 50,
  "isRefuellingAllowedInRace": true,
  "isRefuellingTimeFixed": false,
  "isMandatoryPitstopRefuellingRequired": true,
  "isMandatoryPitstopTyreChangeRequired": true,
  "isMandatoryPitstopSwapDriverRequired": true
}

ここがマジわかんねぇ。qualifyStandingType(予選形式)は1(fastest lap)。pitWindowLengthSec(ピットウィンドウの長さ)は600秒(10分)。driverStintTimeSec(スティントの最大時間)を1500秒(25分)。maxTotalDrivingTime(最大運転時間)も1500秒(25分)で合わせてある。mandatoryPitstopCount(必須ピット回数)は2、maxDriversCount(ドライバーの最大数)は3人。isRefuellingAllowedInRace(給油できるか)はtrue(できる)。isRefuellingTimeFixed(ピットタイムの固定)はfalse(無効:給油量により時間が変動)。isMandatoryPitstopRefuellingRequired(必須ピットでの給油必要)はtrue(必要)、タイヤ交換もドライバー変更も必要にしてみた。

driverStintTimeSecを-1(無効)にしていたんだが、ピットに入れと指示されない(そりゃそうか)。なので、いきなり最大運転時間超過でペナルティを食らった。あと、ピット時の給油量を1にしてたので、2回目のピットインの前にガソリン無いぞと無線を受ける羽目に。2回目のピットでどのくらい入れればいいのか全く分からず60Lぶっこんでしまった(25分ならコンサバでも43Lで十分だったよ)。1時間経過でフィニッシュしましたが、優勝したことになったようなので、もう少しでうまくいきそうかなとおもう。
昨日までは本選を走れない状況(予選でタイム残ってないのが原因かと思ってるが、ピットスタートになって全車コントロールライン通過後にピットスタートできるようなんだけど、1台しかいないのでピットから動けずw)だったので、だいぶ進歩したと思うよ。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください