PC

WindowsHomeServer2011

WHS2011をインストールしている(進行形)。ハードはVMware ESXi上のWindowsServer2008R2用をチョイス。
試しに、起動ディスクを準仮想化(PVSCSI)で構成しようとしてはまる。インストールディスクに当然ドライバは無いんだけど、元々どこにあるんだって話。結局はESXiのホストを捜して”/vmimages/floppies”の下に”pvscsi-Windows2008.flp”があるのを発見。これを作成した仮想マシンの仮想FDドライブにマウントしておいて、インストールディスクを起動したところ、ドライバ選択画面が出て読み込むとドライブが見てた。現在インストール中です。

今までは、500GをWHS用に割り当てていたんだが、管理下のOSがWindows7に統一されたのと、起動Diskしかバックアップしていないので、320Gに減らしてみた。これで、ESXi用のiSCSIにちょっとだけ余裕ができたので、ほかのOSでも新たに入れてみようかな。(暇があったらね)

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください