日記

旭化成、デジアナ完全分離の2チップDAC「AK4498+AK4191」。聴感上のSN感アップ

旭化成エレクトロニクス(AKM)は4日、2チップ構成のオーディオDAコンバーター「AK4498+AK4191」の開発を発表した。DACチップのAK4498は既に量産ステータスで、ΔΣモジュレータのAK4191は’20年第2四半期のサンプル出荷を予定する。

良さそうだけど、高そう。

情報源: 旭化成、デジアナ完全分離の2チップDAC「AK4498+AK4191」。聴感上のSN感アップ

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください