PC

Ryzen9 3900Xが体感速い理由

普通に使ってると速いなぁと感じる。理由はよくわからなかったんだけど、これじゃね?って思うことがあった。

うちのCPUは基本クロックは3.8GHzなんだけど、アイドル状態で4.2GHz程度回ってる。最大ブースト・クロックは4.6GHzなのでブン回るって程でもないんだけど、前のCPUは基本3.4GHz、最大ブーストで3.8GHzだったから、常に最大ブースト以上で動作していることになる。これまでのCPUはアイドル時はクロックを下げてたけど、アイドル状態なら何個かのコアのクロックを上げて待機させるような仕掛けになったみたい。なので、軽い操作(ブラウジングとか)の時はクロック高い状態で操作できるから何となく速く感じるみたい。なかなか賢いなぁ。

ここら辺の設定は、電源オプションによるものと思われる。チップセットドライバをインストールすると、電源プランもインストールされるので、これを使うのがいいと思われます。前のCPUの時も3.0GHzくらいをキープしてたと思うんだけどね。もう少し突っ込んだ設定になったのかな?

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください