日記

4Gamer:「マジック:ザ・ギャザリング」で,今何が起こっているのか。プロプレイヤー・渡辺選手の追放処分から,競技シーンの未来を考える

今回の事件が,このままもやもやした幕引きとなるなら,それは競技に対する不信感を超えた,重く辛い問題へのトリガーにもなり得るだろう。大会レギュレーションの運用という,本来のプレイングとは異なるレイヤーでの対策が,過度に選手を煩わせるようになってしまうことは,本末転倒にほかならないからだ。
当たり前だが,アナログゲームはお互いのプレイヤー同士の信頼の上に成り立っている。それが崩れてしまえば,人と対面し,人と競い,人と楽しむマジックの競技シーンは,もはや成立しえないのではないか。
今,我々はアナログカードゲーム文化の終焉を見ているのかもしれない。筆者にとって,それはとても残念なことだが……あなたは,どう考えるだろうか。

野球でも審判がぶれることはよくあるわけだが、さすがに処分が重すぎてなんといっていいやら。

参照Webサイト:「マジック:ザ・ギャザリング」で,今何が起こっているのか。プロプレイヤー・渡辺選手の追放処分から,競技シーンの未来を考える

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください