IEEE 802.11acやGbEをサポートした「Raspberry Pi 3 Model B+」、35ドル ~SoC改良により高負荷継続時の性能も向上

Raspberry Pi財団は14日、IEEE 802.11acやGigabit Ethernetをサポートしたシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 3 Model B+」を発表した。価格は35ドル。国内ではKSYが取り扱いを予定している。

既存のRaspberry Pi 3 Model Bをベースに、SoCをBroadcomの「BCM2837B0」に刷新。64bit ARMアーキテクチャはそのままだが、最大クロックを1.2GHzから1.4GHzに向上させる一方で、発熱を抑えた。

Gigabit Ethernetはいいなぁ。買うかなぁ。

情報源: IEEE 802.11acやGbEをサポートした「Raspberry Pi 3 Model B+」、35ドル ~SoC改良により高負荷継続時の性能も向上

 Leave a comment 

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


 © 2018 - Sionの日記