Buster – the new version of Raspbian – Raspberry Pi

by sion
Categories: Raspberry Pi
Tags: No Tags
Comments: No Comments
Published on: 2019年7月15日

You’ll need the new Raspbian Buster for Raspberry Pi 4, and it is now the standard version of Raspbian for all earlier Raspberry Pi models too.

DebianのBusterリリースに合わせてRaspbianのBusterがリリースされたので、普段使いのRaspberry Pi 3 Model B+をアップグレードした。つっても、

apt-get update
apt-get upgrade

して、一応再起動。

/etc/apt/sources.listと/etc/apt/sources.list.d/raspi.listのstretchをbusterに書き換えて

apt-get update
apt-get upgrade
apt-get dist-upgrade
apt-get autoremove
apt-get autoclean

しただけ。そこそこ時間はかかりますし、大量のパッケージをダウンロードするので、早朝がおすすめ。

情報源: Buster – the new version of Raspbian – Raspberry Pi

初代Raspberry Piはapt-dist-upgradeでエラー発生。

Error occurred during initialization of VM
Server VM is only supported on ARMv7+ VFP
dpkg: パッケージ ca-certificates-java の処理中にエラーが発生しました (–configure):
installed ca-certificates-java package post-installation script subprocess returned error exit status 1

openjdk-11-jdkですが初代は古すぎてサポート外になったかも。調べてみると、jdkの古いバージョンを入れろとのこと。

apt-get install openjdk-8-jre-headless openjdk-8-jre
sudo apt-get install libpcre16-3

でエラーは出なくなった。なんかぐちゃぐちゃになった気がするが、気が向いたら新規でインストールしなおすかと。

No Comments - Leave a comment

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Welcome , today is 金曜日, 2019年11月15日