Ryzen9 3900X IYH

by sion
Categories: IYH, PC
Tags: No Tags
Comments: 1 Comment
Published on: 2019年7月8日

昨日IYHしました。ツクモ札幌駅前店です。前回はドスパラだったので。今回は、発売日に購入ということで、ツクモで整理券配布に並びました。18:00配布開始だったけど、ちょっと早めに16:30に到着。しかしすでに10人以上並んでる状態。あぶねぇとか思いながら最後尾に並ぶ。そこから1時間半の間に50人くらいの行列になってました。お目当てはRyzen9 3900Xなのだが、Ryzenに関してはミドルクラスが本命になったりしますので、周りの状況を伺う。この順番なら前の全員が3900X買っても多分大丈夫と思いましたが、ちょっと不安。30分前に店員さんが購入予定を確認しに来る。3900Xと告げると正の字に一本線を入れるのを確認。7本目。よし多分行ける!

マザーはあんまり考えてなかったけど、AsrockかGigabyteで考えていた。で、今回はGigabyteを購入。清算して速攻で帰宅したけど、疲労感ピークで甘いものを食べて休んでいたらちょっと回復したので21:30くらいから組み立て開始。

TDP 105Wなのですが、簡易水冷入れてるので若干オーバークールなうちのGamePC。きれいに掃除機かけてファンを掃除。SSDにつけていたヒートシンクを外してマザー付属のものに変更。メモリ、SSD、ビデオはそのまま。SSD 500GB×2のRAIDもそのまま持っていきます。

組み上げてUEFIがアップデートされていたので、更新。Windows10を1903でクリーンインストールすると画面が映りません。「うぉい」とか思いながらUEFIの設定を見直し、CSM SupportをEnableに変更すると映りました。

インストールは30分程度で終了。NICはWindows標準で使えるようになったのでRadeonとX570のチップセットドライバをダウンロード。新しいのがアップロードされていた。インストールしてWindowsUpdateを実施。設定画面に「ライセンス認証されていない」と表示されたので、認証操作をしてみるとエラーが発生してできない。Microsoftアカウントで、前のGamePCの構成変更したぜと選択しても受け付けられず。仕方なくWindows8のDVDを探してきてプロダクトコードを入力して認証が通りました。つか、このWindows8を引き継いで使ってるので普通に認証してくれよぅ。

ここで問題が発生。SXFI AMPはUSB-Cで接続なんだけど、マザーにUSB-Cがついてない。手元にあったUSB-A to Cのケーブルでつないでみたけどうまく認識できなかった。で、スマホの充電用にカバンに入れっぱなしのUSB-A to microUSB(+USB-C変換)でつないでみたところ、正常に認識されました。で、先ほど100円ショップにダッシュしてUSB-A to Cのケーブルを2本買ってきました。どちらもちゃんと認識したので、一本はカバンに戻してもう一本を使用することに。

あとはSteamやらUplayやらアプリ系を設定(SATA RAIDに入っていたので、そのまま起動すると勝手に設定変更して起動できるようになる)。その他、Origin、Epic Games Launcher、GOG Galaxy、Bethesda.net LauncherをインストールしてFanatecのドライバ入れて終了。疲れたよ。

1.3DMark-v2-9-6631

2.PCMark10-v2-0-2115

3.CinebenchR20

4.ファイナルファンタジーXIV 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
計測日時: 2019/7/8 10:12:49
SCORE: 15156
平均フレームレート: 108.4987
最低フレームレート: 47
評価: 非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
ローディングタイム:
シーン#1 1.973sec
シーン#2 2.965sec
シーン#3 3.68sec
シーン#4 2.468sec
シーン#5 1.337sec
合  計 12.423sec

DAT:s20190708101249.dat

画面サイズ: 2560×1080
スクリーンモード設定: フルスクリーンモード
DirectX バージョン: 11
グラフィック設定のプリセット: 最高品質
描画設定
-水濡れ表現を有効にする: 有効
-オクルージョンカリングを有効にする(見えないものの描画を簡略化する): 無効
-LODを有効にする(遠影表示に簡易モデルを使用し描画負荷を軽減する): 無効
-リアルタイムリフレクション: 最高品質
-アンチエイリアス: FXAA
-ライティングの品質: 高品質
-細かい草の表示量: 最大表示
-背景の細かい凹凸表現: 高品質
-水面の凹凸表現: 高品質
-照り返しの表現: 標準品質
影の表示設定
-自分: 表示する
-他人: 表示する
影の表現
-キャラクターの影のLODを有効にする: 無効
-影の解像度: 高解像度:2048ピクセル
-影の表示距離: 最長表示
-ソフトシャドウ: 強く
テクスチャ品質
-テクスチャフィルタ: 異方性
-テクスチャ異方性フィルタ: x16
揺れの表現
-自分: 適用する
-他人: 適用する
画面効果
-周辺減光を有効にする(画面の隅を自然に暗くする効果): 有効
-放射ブラーを有効にする(爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果): 有効
-SSAO(立体感を強調する効果): HBAO+:高品質
-グレア(光があふれる表現): 通常表現
-水中のゆがみ表現: 通常表現
カットシーン効果
-被写界深度表現を有効にする: 有効

システム環境:
Microsoft Windows 10 Pro (ver.10.0.18362 Build 18362)
AMD Ryzen 9 3900X 12-Core Processor
16336.867MB
AMD Radeon VII(VRAM 16312 MB)

このベンチマークは「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」・「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」・「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」及び「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」Windows版の動作を保証する物ではありません。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ 公式サイト
https://jp.finalfantasyxiv.com/
(C) 2010-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

— SNSシェア用テキスト —
タイプ1
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク https://sqex.to/ffxiv_bench_jp #FF14 SCORE: 15156 2560×1080 最高品質 DX11 AMD Ryzen 9 3900X 12-Core Processor AMD Radeon VII(VRAM 16312 MB)
タイプ2
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク https://sqex.to/ffxiv_bench_jp #FF14 SCORE: 15156 2560×1080 最高品質 DirectX11 フルスクリーンモード AMD Radeon VII(VRAM 16312 MB)
タイプ3
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク https://sqex.to/ffxiv_bench_jp #FF14 2560×1080 最高品質 DirectX11 SCORE: 15156 非常に快適
タイプ4
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク https://sqex.to/ffxiv_bench_jp #FF14 2560×1080 最高品質 DirectX11 フルスクリーンモード SCORE: 15156
長いタイプ
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
SCORE: 15156 非常に快適
2560×1080 最高品質 DirectX11 フルスクリーンモード
AMD Ryzen 9 3900X 12-Core Processor
AMD Radeon VII(VRAM 16312 MB)
https://sqex.to/ffxiv_bench_jp #FF14

5.CrystalDiskMark6_0_2Shizuku

1 Comment - Leave a comment
  1. sion より:

    FFベンチとCineBenchが上がってる。両方CPUベンチだから当然か。あとSATA RAIDのシーケンシャルが下がってランダムが上がってる。なんだろうチップ的にランダム側に振ったのかな?ということで、ファーストドライバでのインプレでした。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Welcome , today is 金曜日, 2019年11月15日